アレッポの石鹸 ノーマルタイプ as00001

540円(税40円)

購入数
アレッポのせっけんは、 シリアのアレッポ市で作られる無添加せっけんです。 原材料はオリーブオイルとローレルオイルからなるシンプルな石鹸です。


■ オリーブオイル

オリーブの原産地はシリア地方だといわれています。
砂漠性の乾燥した空気は害虫を寄せつけにくいといわれています。
オリーブオイルはオレイン酸を主成分にしてスクワレンなどの微量成分も含みます。 特にアレッポの石鹸のオリーブオイルは2番絞りのオイルにこだわっています。

オリーブ

2番絞りは食用のオイルを絞った後、さらに高圧力をかけて搾り取ったもの、 果皮や果肉の成分を多く含むので濃い緑色をしています。
これがこの石けんを使い込むうちに出てくる深い緑色としっとり感の秘密です。 絞った後の搾りかすは肥料や燃料になったりして無駄無く使い尽くされます。 これぞ、オリーブ文化です。


■ ローレルオイル(月桂樹オイル)

ローレルオイルはシリアからトルコの地中海側の山岳地帯に自生している ローレルの樹の実から採れます。

ローレル

とても貴重なオイルでたくさんの実から少しのオイルしか採れません。
爽やかな森の香りがするこのオイルは昔からとても重宝されているオイルで、 消臭・フケとり・強壮・森林浴効果があるといわれています。


アレッポの石鹸は贅沢にローレルオイルを使用しています。
特にエキストラ40はこれ以上ローレルオイル入れると
石鹸にならなくなるぎりぎりの線までローレルを入れていて
最高のグレードに仕上がっています。
職人のわざと最高の素材の結実です!!

■ アレッポの石鹸の歴史

アレッポは5000年以上の歴史を持つシリアの商業都市で、
シルクロードの交易地として古来より栄えてきました。
最古のスーク(市場)があり、1000年以上も前からこの石けんは
この地方の特産品として売られたり諸外国へ輸出されてきました。


石鹸の起源は灰と油の化合でありメソポタミア文明までさかのぼりますが、
現在のような石鹸は10世紀イスラーム帝国での科学技術の隆盛により
発見精製されたアルカリより始まります(アルカリはアラビア語)。
このアルカリと原産であるオリーブやローレル(月桂樹)で作られてきた石鹸がアレッポの石鹸です。

■ 職人による伝統と信頼のせっけん

アレッポの石鹸はオリーブとローレル(月桂樹)が収穫され搾油される
秋から2月頃までクッキングが行われます。
オリーブオイルとアルカリを釜にいれ三昼夜、職人さんが夜付きっきりで
火加減を見たり塩析(水で不純物を取り除く行程)を行い

ローレルオイルを入れて仕上げるのですが、
オリーブオイルとローレルオイルは作物ですから、その年々で出来具合いが違います、
微妙な調整は職人さんの経験と勘がたよりです。

最後の親方が石鹸素地を口に含みオッケーを出す時は工場の中が緊張で包まれます。 そして、ドロドロの石鹸素地をきれいに清掃し紙を敷き詰めた床に均等に流し込みます。 一日経って固まったら足が石鹸素地に沈まないように板をはいて 独特な方法で切り分けます。 切り分けられた石鹸は積み重ねられ1年から2年間乾燥熟成されて完成です。 オリーブオイルとローレルオイルの特性をたっぷりと残して、 ゆっくりと完成させるこの方法は、お肌に限りなくしっとりとした潤いを残します。


職人の技


■ アレッポの石鹸 ノーマルタイプ 約200g
■ オリーブオイルソープ
■ 成分:石鹸素地(オリーブオイル、ローレルオイル)
■ 標準重量:200g
■ JANコード:4524973000011

おすすめ商品